認知症初期集中支援チーム

  • HOME
  • 認知症初期集中支援チーム

海老名市の委託を受け、当院に【認知症初期集中支援チーム】が設置されました。

認知症初期集中支援チームとは

複数の専門職が家族の訴え等により認知症が疑われる方や認知症の方及びその家族を訪問し、アセスメント、家族支援などの初期の支援を包括的、集中的(おおむね6ヶ月)に行い、自立生活のサポートを行うチームのことです。

対象となる方

海老名市在住(他自治体の方は、お住いの初期集中支援チームにご相談ください)
40歳以上・認知症が疑われる方・認知症の方で、以下の基準に該当される方

◆医療サービス、介護サービスを受けていない方、または中断している方
 (ア) 認知症疾患の臨床診断を受けていない方
 (イ) 継続的な医療サービスを受けていない方
 (ウ) 適切な介護保険サービスに結び付いていない方
 (エ) 診断されたが介護サービスが中断している方

◆医療サービス、介護サービスを受けているが認知症の行動・心理症状が顕著な方

支援の流れ

1. ご本人・ご家族・地域等からのご相談

まずはお気軽に当院代表番号(046-236-2188)までご相談ください。

その際には「【認知症初期集中支援チーム】のページを見た」とお伝えいただけるとスムーズです。

<相談例>

認知症が疑われる症状があるものの、受診を勧めても本人が拒んでいる 等

2. 認知症初期集中支援チームの介入

ご相談ごとや生活の状況を専門スタッフが聞き取り確認させていただき、必要に応じて訪問を行わせていただきます。

ご本人・ご家族のご意向に沿って、専門医受診や必要な福祉サービスの利用をサポートします。

3.適切な機関への引き継ぎ

当院は神奈川県の認知症疾患医療センター(連携型)の認定も受けています。

必要に応じて当院での鑑別診断~治療までをお受けいただくことも可能です。

また、その他の医療機関や海老名市の地域包括支援センター、ケアマネジャー等に情報を引き継ぎ、切れ目のない支援体制を作ります。