当院について

  • HOME
  • 当院について

理事長挨拶

院長近影

私は医師になった日から脳神経外科医として、多くの緊急の脳手術を担当してきました。しかしそのような救急病院では患者さんとの接点は入院期間のみでした。しかし脳疾患を患った方々の闘病はそれだけでは終わらないことを多くの患者さんから教わりました。 

理念である「脳の病気で困っている人をゼロにする」ためには、予防と後遺症や生活障害への対応が重要だと考え、地域に根づいた脳神経疾患専門クリニックを開設いたしました。地域で脳の病気で困っている人が一人でも少なくなり、私やこのクリニックがその一助になれること願っています。 

                           理事長 尾﨑 聡

学歴・職歴

平成7年 山口大学医学部卒業
平成9年 市立岸和田市民病院
平成11年 山口大学医学部大学院卒業
平成11年 国立下関病院
平成13年 脳神経外科東横浜病院
平成15年 水戸協同病院
平成15年 横浜新都市脳神経外科病院
平成23年 横浜新都市脳神経外科病院
脳神経外科部長就任
平成26年 えびな脳神経外科開院

当院の特徴

早期診断を目指します

早期診断を目指します
当院では原則として当日に画像検査を行い、当日に結果の説明を行います。

症状の早期改善を目指します

altが入ります
的確な診断の下、薬物治療やリハビリなどで早期の症状緩和に努めます。

病気の再発予防に
力を入れています

病気の再発予防に力を入れています
脳卒中はきちんと管理しなければ、再発率の高い病気です。 再発しないように高血圧、糖尿病、脂質異常症などの危険因子の管理を行います。

提携している病院での
入院や手術が可能です

提携している病院での入院や手術が可能です
脳の疾患の中には緊急入院や手術が必要な病気もたくさんあります。 そのような病気でもスムーズに治療が可能となるように近隣の病院と連携しています。

診療受付時間

受付
診療時間 日・祝
9:00~12:30
14:30~18:30

午前:9:00~12:30 午後:14:30~18:30 
△:14:30~17:00
※土曜日午後は診療受付時間が異なります。

アクセスマップ

海老名市下今泉4-2-14グランツ海老名1F

<車でお越しの方>
国道246号線 下今泉立体交差側道を下りて
県道51号線を相模原・座間方面へ450m

<公共交通機関でお越しの方>
小田急線・相鉄線 海老名駅西口から徒歩20分
小田急線・相鉄線 海老名駅西口からバス「愛川バスセンター行き」乗車5分「今泉」バス停下車、徒歩7分(600m)

導入機器

MRI

MRI

当院ではシーメンス社の1.5テスラMRIを導入しています。
脳の断面図や脳の血管を精細に描出することが可能ですので、脳梗塞、脳出血、 くも膜下出血などの脳卒中や脳腫瘍をより早期に、より正確に診断することが可能です。 脳動脈瘤や頚動脈狭窄を早期に発見することで、脳卒中の予防にもつながります。
また磁石を使用した検査ですので、放射線被曝は全くありません。 ただしペースメーカーなどの金属が体内にある場合は検査できません。

CT

CT

当院ではシーメンス社のCTを導入しております。
低被曝でも高画質の画像が得られるように設計されています。
短時間の撮影で画像を得ることができますので、認知症の方や、 小さなお子様など長時間の安静が困難な方でも脳の断面図を得ることができます。
また内臓脂肪の測定により脳卒中の危険因子であるメタボリックシンドロームの診断に役立てることも可能です。